プロフ

続々・テキトウ日記

ゲームや小説などの感想。基本的にテキトウな内容ばかりです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ファイブスター物語 リブート」 を4巻まで買ってみました。

いやはや懐かしいですね。
そうとしか言いようがないのが、このFSSリブート。
1巻が「ラキシス」、2巻が「クローソー」、3巻が「トラフィックス」で、4巻は「アトロポス」の前編。
コミックス版との違いは、各ストーリー単位の巻数になっていることとNT連載当時のものであるということ。
ま、テイルズオブジョーカーに比べたらお得だし、永野護に寄付しておきました。

内容については特に語ることもないなぁ・・・(苦笑)
魔導大戦とプラスティックスタイルがあんまり好きではないので、この頃の方が好きです。
ちなみに新規の人は(いないだろうが)、4巻の「アトロポス」は前編なので5巻が出てから買った方がいいかと。

必見は、1巻の巻末のあとがき。
本人は、FSSの続編を描くつもりはあるみたいですね。
とっととゴティックメードを完成させて欲しい。
もともとアニメの共同作業ができなくてFSS描き始めた人がアニメ作れるわけないんだから。
どーせなら、冨野に作らせろ~(笑)










| 小説・マンガ | 21:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「君は一流の刑事になれ」 久保正行  感想

なんとなく手にとって読んだのがこの本。
元警視庁捜査一課長の久保正行さんが書いた「君は一流の刑事になれ」です。
ランク的にいえば最後の第七方面本部長の方が上ですが、こちらの肩書の方が通りがいいですよね。
そういえば、一時期テレビによく出ていた田宮さんも地域部長なのに、一課長の肩書になってました。
偉くなっても外部から見れば、「こちかめ」が警察代表みたいなもんですからね。

ちなみにこれは小説ではなく、ご本人の経験をもとにした刑事としての考え方や姿勢のお話。
じっさいの事件捜査をもとにして、失敗談や成功談が書かれているので非常にためになります。

事実は小説よりも奇なり

警察、刑事小説が好きな方は、この本を読んでおくと視野が広がって面白いと思います。

君は一流の刑事になれ
久保正行
東京法令出版
売り上げランキング: 46850

| 小説・マンガ | 17:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マンガの「魍魎の匣」面白いですわ

「魍魎の匣」のマンガ版、全5巻を買ってみました。

で、ふと気がつくと全巻一気読み。

久々に面白いマンガに出会ってしまいました。
原作が面白いので当たり前と言えば当たり前なんですが、面白い小説もコミカライズされると駄作になるのが世の常。
しかし、このマンガは見事に小説の世界を再現することに成功しています。

「魍魎の匣」はアニメも面白かったけど、マンガもあたりですねぇ。
・・・失敗しているのは実写映画だけですな。


魍魎の匣 1 (怪COMIC)
魍魎の匣 1 (怪COMIC)
posted with amazlet at 11.02.24
志水 アキ
角川書店



そして同じ作者で「狂骨の夢」もコミカライズ中。
こちらはまだ連載途中なので、連載が終わって全巻そろったら購入予定です。


狂骨の夢 1 (怪COMIC)
狂骨の夢 1 (怪COMIC)
posted with amazlet at 11.02.24
志水 アキ
角川書店(角川グループパブリッシング)

| 小説・マンガ | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「ふたりの距離の概算」 米澤 穂信  感想

米澤穂信の古典部シリーズの最新作です。
米澤さんのここ最近の活躍ぶりは素晴らしくて、スニーカー時代を知る者としては安心な日々です。

前作の「遠まわりする雛」で、ほーたろーと部長の関係がいい感じになったのでかなり期待していましたが・・・。
小市民シリーズの秋で受けた印象に近いものがありました・・・肩透かし・・・。

学年が変わり一人の後輩が古典部にやってくるが、辞めたいと言い出して・・・。

という内容で、まぁ、全体を通して面白いことは面白いんですけどね。
結局、後輩が一人来て、やめて、元に戻りましたってだけなんですよ。
日常の謎が売りの古典部シリーズにしては、肝心の謎解きもイマイチな印象を受けましたしねぇ。

うーん、次回作に期待かな。


ふたりの距離の概算
ふたりの距離の概算
posted with amazlet at 11.02.24
米澤 穂信
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 90374

| 小説・マンガ | 13:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「よつばと! 10」 あずまきよひこ 感想

なんだかんだで「よつばと!」も10巻目に突入。
キャラクターも立ってるし、面白いからこれからもずっと続きそうな感じ??
言うなら 「大人のサザエさん」 ってところか。

ま、そんなこんなで今回の10巻もなかなかの面白さ。
ホットケーキの回は、お子さんがいる人なら一度は通った道ですね(笑)
よつばが失敗しても怒らないとーちゃんの素晴らしさに感動です。

でんきや、かでん あたりは人気者の風香も出てるし、いいですなぁ。
ダンボーネタは個人的には好きでないので微妙。
やっぱり、とーちゃんが絡んでる話がいいのですよ、「とつばと!」は。



よつばと! 10 (電撃コミックス)
あずま きよひこ
アスキー・メディアワークス (2010-11-27)

| 小説・マンガ | 14:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。