プロフ

続々・テキトウ日記

ゲームや小説などの感想。基本的にテキトウな内容ばかりです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「闇の守り人」 上橋菜穂子  かなりの面白さ。

「獣の奏者エリン」のアニメから入った上橋菜穂子ですが、個人的に当たりの作家さんです。
前回読んだ「精霊の守り人」もよかったけど、今回読んだ「闇の守り人」も面白い。

今回はバルサが故郷に凱旋する物語。
事情があって故郷を追われていたわけだけど、復讐目的ではないのがいいですね。
世界観も独特で、アジアっぽさがあるのが共感できますな。
戦闘シーンにしろ、普段の会話にしろ過剰な演出がなくてスッと読めます。

前作の「精霊の守り人」が気に入った人には、今作もオススメです。


闇の守り人 (新潮文庫)
上橋 菜穂子
新潮社
売り上げランキング: 2182
おすすめ度の平均: 5.0
5 ラストに感動
5 闇に映された心
4 政治・死生観等も興味深い
5 美しさと醜さ
5 精霊の守り人を読んだらセットで読んで欲しい

| 小説・マンガ | 09:40 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

| 藍色 | 2010/09/13 16:53 | URL |














TRACKBACK URL

http://soushi99.blog49.fc2.com/tb.php/550-33d0a73b

TRACKBACK

闇の守り人 上橋菜穂子

女用心棒のバルサは久しぶりに生まれ故郷のカンバル王国にもどる。幼い日、カンバル王に父を殺されたバルサは父の親友ジグロに助けられ、生...

| 粋な提案 | 2010/09/13 16:08 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。