プロフ

続々・テキトウ日記

ゲームや小説などの感想。基本的にテキトウな内容ばかりです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

米澤 穂信 著 「クドリャフカの順番」 感想。

古典部シリーズ、逆読み第2弾「クドリャフカの順番」です。
いやー、やはり面白いですねぇ。
逆から読んでるんでアレですが、「愚者のエンドロール」の後、カンヤ祭が舞台。
微妙に「愚者のエンドロール」が絡んでたり(入須だけだけど)、シリーズを読んでる人はニヤリ。

カンヤ祭で文集「氷菓」を出すことになった古典部一同。
しかし、そこには思いもしない大事件が待ち受けていた!!って感じかな?
今回は伊原絡みで同人誌やらコスプレやらが出てきて、そういう方面を知ってる人は楽しめます。
漫研での派閥闘争とか、すげーありがち(笑)

面白いのは「わらしべプロトコル」。
うまい具合に本編に絡んでいく様は読んでて楽しかった。
あとは・・・いつもはホータローの一人称が基本だけど、今作は4人の主観が書かれてるのがいい。
里志、複雑だなぁ・・・わかるぞ、凡人の気持ち(笑)

と、いうことで次は「愚者のエンドロール」を再読予定。
あれは薄いからすぐに読み終わりそう・・・。

クドリャフカの順番 (角川文庫 よ 23-3)
米澤 穂信
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 17474
おすすめ度の平均: 4.0
2 パズルミステリー
5 四人それぞれの“期待”がテーマ
3 古典部の活躍
5 わらしべ
4 4人それぞれの意識が印象的


| 小説・マンガ | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://soushi99.blog49.fc2.com/tb.php/256-f6fb5b60

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。