プロフ

続々・テキトウ日記

ゲームや小説などの感想。基本的にテキトウな内容ばかりです。

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東野圭吾「探偵ガリレオ」感想。

テレビドラマに影響されて読んでみました、「探偵ガリレオ」。
ちなみにドラマ版、悪くないけど微妙ですな。

柴咲コウの演技がかなり駄目。

今期の警察モノでは「SP」が一番かな。
主人公の特殊能力とか、SPの事とかはリアリティに欠けるけど・・・。

探偵ガリレオ (文春文庫)
東野 圭吾
文藝春秋 (2002/02)
売り上げランキング: 19


ま、それはそれとして「探偵ガレリオ」、原作はいい感じです。
主人公は湯川と草薙の2人。
捜一の草薙が事件のトリックの解決を、理工学部教授の湯川に頼むというパターン。

基本的に理系の知識がないと、トリックの予想は出来ません。
推理小説としてはどうかと思うけど、アイデアは斬新。
他の東野作品は好きでないけど、これは楽しめる。
短編連作なのであっさりだけど、電車で読むにはオススメです!
スポンサーサイト

| 小説・マンガ | 23:32 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BOOK OFFにて・・・

今日、久々にBOOKOFFに行ったら、カードが変わってた。
TSUTAYAのTカードに統合されてしまったらしい。

どう考えても今までの方がお得!

ちょろちょろポイント溜めても単価低いから意味ないよコレ。

ちなみに「彼岸島」って漫画が目について、読み始めたら止まらなかった。



ノベルゲームでありがちな内容だけど、面白い。
ま、吸血鬼ものですわ。
吸血鬼の設定的は「屍鬼」に近い。

ただ一気に19巻まで立ち読みした感じですが。
中盤以降は、設定後付けでダレダレな内容。
この漫画は一気に読むことをオススメします。

| 雑感 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

懐かしの「access」だ!

久々に「D.Gray-man」見たら、なんか面白くなってた。
また見始めるとしよう。

ま、それは置いといて、主題歌ですよ!

access じゃないか!?

そういえば何年か前に復活してたよなぁ。

access best selection
access best selection
posted with amazlet on 07.11.20
access
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ (2007/11/21)
売り上げランキング: 879


で、ちょいと調べてみたらBESTが出てるようで。
CD3枚組で3.900円とかなりお得な感じ。
うわーすげー欲しい。
「TEAR'S LEBERATION」聞きたいなぁ・・・。

| 雑感 | 21:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「灼眼のシャナII」感想。

最近、ダラダラって見ています、シャナ。
原作も前作のアニメも知らないけど・・・

OPの歌だけでイケル!

感じ・・・だな。

灼眼のシャナII 第I巻 【初回限定版】
ジェネオン エンタテインメント (2008/01/25)
売り上げランキング: 65


歌は川田まみという人で、I`veだそうな。
どーりでいい感じな訳だ。

さてさて肝心の内容はというと、まあ、ありがちな伝奇モノかな?
つまらなくもなく・・・といったところ。
それに引き替え、アニメの演出はかなりイイ!
あと絵が綺麗。

って、感想がこれしかないや。うーん(苦笑)

| アニメ | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カローラフィールダー購入!

なんだかんだと迷ってましたが、ついに買いました!

カローラフィールダー1.5Xエアロツアラー

でございます。

新型カローラのすべて (ニューモデル速報 (第380弾))

三栄書房 (2006/10)
売り上げランキング: 58995


<外観>
地味だけど、すっきりしていていい感じ。
後部はすごく地味で、商業用のバンと大差ないのがちょっと・・・

<内装>
全体的にプラスチック感が漂っています。
1.5だとエアロツアラーでも革ステアリングなし。
収納は結構あるので、小物入れには困らなそう。

<走行性能>
1.5だから、エンジンまわすとややうるさい。
街乗りでは充分。

<使い勝手>
後部の収納はさすがワゴン。
ただワンタッチリアシートのせいか、リアシートがスライドしない。
そんなもんより、居住性を重視して欲しかった。

とりあえずはこんな感じの印象です。
あとは納車したら、ちょこちょこ感想を書きますねー。

| | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

米澤穂信「犬はどこだ」感想。

米澤穂信の「犬はどこだ」読み終わりました。
短編連作タイプでなく長編ということで、かなり読み応えがありました。
いやはや、本の帯の文句、微妙だろ(笑)

犬はどこだ (ミステリ・フロンティア)
米澤 穂信
東京創元社 (2005/07/21)
売り上げランキング: 50932


主人公は人生負け組の元エリートの紺屋。
相棒は色々と探偵を勘違いしているハンペー。
その他魅力たっぷりの脇役達。
シリーズ化にはもってこいですね。

本作は、紺屋とハンペー視点が交互に出てきて読者だけ情報を多く知ることが出来る記述方法。
それぞれの事件がやがて交差する・・・「街」を思い出しました。
事件の結末は、なんとなく途中からわかりましたが。
ただ、終わり方が唐突なので読後が、「うーん」て感じ。

しかし、全体的に見てオススメの作品であることには間違いなし!
ちょっとでも興味を持たれた方は、是非読んでみて下さい。
たくさん売れれば続編出るかな・・・
この作品は続編が出ることで、もっと面白くなりそう。

| 小説・マンガ | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。